Profile


松本美紀
Miki Matsumoto

松本治療院
ホメオパス / 自然療法家 / 発達支援
(有国家資格:あん摩マッサージ指圧師)


治療院を開業し女性を中心に治療を行う中、治療を必要とする前のセルフケアの大切さを痛感し、養生法やお手当などの指導を始める。その後、自身の妊娠出産を機に、赤ちゃん・こども・周産期のサポートの道に入る。

まわりの母親からのリクエストで、こどもが健やかに、自由に、いのちの育ちができること、育ちの邪魔をしない暮らし、生かされている「いのち」と自然環境の循環と調和を軸に、自然療法と東洋&西洋医学をベースとした講座やクラシカルホメオパシー講座を開催。こどものカラダ目線、母親の視点からのお話は「わかりやすい」「親しみやすい」と好評を得る。

ドイツ人 Karin Kalbanter-Wernicke 小児理学療法士、Thomas Wernicke 小児科医、国内の発達専門医などより、小児医療・発達について学ぶ。赤ちゃんとこどもの発達をサポートする「ディベロプメンタル(発達)プログラム」の指導と施術、発達に関するワークショップなども開催。

また、ホメオパスとして、小児や周産期、未妊の方や女性へのホリスティックなサポートも行う。国内での学びに加え、Prof. George Vithoulkas、Dr. Sunirmal Sarkar、Dr. Valerio.Selva など国際的に活躍するホメオパスより研鑽を積む。


活動のベースとなっているもの

東洋医学
西洋医学
マクロビオティック哲学
経絡治療
野口整体
センサリーアウェアネス
ヨガ・気功・太極拳
自然療法
シュタイナー
発達心理学
ディベロプメンタル(発達)プログラム
クラシカルホメオパシー
など


広島の瀬戸内の島で自然児として育つ
幼少の頃より、ココロとカラダとスピリットに興味を持つ
自身の体調を崩したことをご縁に、様々な代替医療と出会い実践

20代よりバックパックを背負い国内&海外を旅する
ネイティブアメリカンやアイヌ、自然とともに生きる人々に多くを学ぶ

30代後半、熊野古道と四国お遍路さんの巡礼
アメリカのサンタフェにて、40才で自宅出産、愛娘を授かる

・中学校保健体育教員課程修了
・カナダの University of Lethbridge にて英語課程を修める
・St. Michael Hospital にて、理学療法・作業療法・リクリエーション療法の助手
・障害児通園施設にてアシスタント
・児童発達支援・ 放課後デイサービス勤務
・京都仏眼鍼灸理療専門学校卒
・松本治療院開業(京都市)。現在に至る
・アメリカのサンタフェにて、経絡治療の指導と臨床
・ドイツ発「ディベロプメンタル(発達)プログラム」認定トレーナー・専門家向けWS主宰
・CHK クラシカルホメオパシー京都卒
・International Academy of Classical Homeopathy 在籍